インターネットのトラブル
セキュリティ基礎知識
ネットのルールとマナー
迷惑メール対策
ウィルスって何?
コンピュータに感染して悪さをする不正なプログラムで、人間に感染するウイルスに類似していることから、コンピュータウイルス(ウィルス)と呼ばれています。
以前はCDやFDなどの媒体を介して感染することがありましたが、インターネットの普及によりメールを介して感染するケースが増えてきました。メールでの感染は添付ファイルを開いてしまったりHTMLメールを自動的に開いてしまうと感染するケースが報告されています。使用者が知らないうちに感染することが多く被害を拡大させてしまう恐れがあります。
ウィルスにはどんな種類があるの?
■感染型ウィルス
実行ファイルに感染します。コンピュータ内にある実行型ファイルにコードを書き込んでしまい余計な動作をすることで発症します。感染型ウィルスには実行型と潜伏型があります。
■マクロウィルス
マイクロソフトオフィスのエクセルやワードのマクロ機能を悪用して感染します。
■ワーム
自己増殖を繰り返しながら、コンピュータを破壊するプログラムをいいます。以前はCDやFDなどの媒体に潜伏して感染するのが主流でしたが、最近ではインターネットの普及により電子メールを介して、短時間で感染するものが出現して、社会問題にもなっています。ワームは他のプログラムには寄生せず単独に活動して、スクリプト言語やマクロなどの技術を利用して自己増殖する為、容易に亜種の登場も早いのが特徴です。
■トロイの木馬
ファイルやシステムには感染せず、それ自身で不正な動きをします。一見良いプログラムのように見せかけて、インストールするとシステムを破壊したり悪事を働きます。
由来はギリシャ神話にあるトロイ戦争において敵を欺く為にギリシャ軍に置いていった内部が空洞になった木馬のこと。この木馬にギリシャ軍が隠れており、夜になると木馬から軍が抜け出して城の門を開けて、味方の敵をいれたとされる。
■ボット
ボットとは、コンピュータを悪用することを目的に作られた悪性プログラムです。
コンピュータに感染すると、インターネットを通じて悪意を持った攻撃者(以下「攻撃者」)が、感染したコンピュータを外部から遠隔操作し「迷惑メールの大量送信」や「特定サイトの攻撃」等の迷惑行為にりようされてしまいます。
また、感染したコンピュータに保存されているデータやID・パスワードなどを盗み出す「スパイ活動」など深刻な被害をもたらします。
このような動作が、ロボット(Robot)に似ているところから、ボット(BOT)ウイルスと呼ばれています。
ウィルスを予防する方法
  1. 市販のウィルス対策ソフトを導入し、定期的にパターンファイルの更新をおこなう。
  2. メールに添付されたファイルは不用意に開かないでください。開く場合はウィルスソフトでウィルスチェックしてから使用することをお勧めします。
  3. メールソフトの設定でHTML形式で開くを設定している場合はTEXT形式で開くに設定に変更してください。
  4. ブロードバンド接続を利用している人はルータやウィルス対策ソフトのファイアウォール機能を利用してください。
  5. 定期的にWindowsUpdateを実行しセキュリティホールの修復をするよう心がけてください。
  6. 外部からのファイルやフリーソフトのダウンロードはウィルスソフトでウィルスチェックしてから使用してください。
  7. ファイル交換ソフト(Winnyなど)の使用はお勧めできません。
  8. パソコンを使わないときは電源を切るようこころがけてください。
もしウィルスに感染してしまったら・・・
パソコンがウィルス感染してしまったら、感染したとたんにウィルスを添付したメールを送信したり、他のコンピュータに影響を与えたり、感染が広がる可能性があります。
悪意がなくても、大量にメールを送信することで、業務に支障をきたしたり、他のパソコンに攻撃をして不愉快な思いをさせたりと責任が重大となります。
日頃から感染予防を心がけることはもちろんですが、もし感染してしまったら、ネットワークケーブルを抜いて、感染を広げないよう早急に対応するようにしましょう。
物理的にネットワークから切り離してしまえば、他のパソコンに影響を与えることはありません。普段から利用しないときはパソコンの電源を切り、危険を回避するよう心がけましょう。